tennismama’s blog ママのテニス日記

主婦がママさんテニスデビュー。シングルスにも挑戦するよ

テニスは痩せない?! 春までにマイナス3キロ! 大坂なおみ選手のように、ダイエットしてパフォーマンスをアップ!

f:id:tennismama:20180224212814j:plain

大掃除しなくちゃと思いつつ、テニスコートに行ってしまうアラフィフの主婦です。まだお正月ではないというのに、あらららら、気がつくとお腹が鏡餅(ToT) ああ、わたしも大坂なおみちゃんみたいに痩せてパフォーマンスもアップしたい! どうすればいいの?

テニスは痩せるスポーツではない?!

「テニスママはテニスをしているから、いいよね~。わたしなんか全然運動してないから、最近お腹がヤバイのよ~」

自分より明らかに痩せている人からそう言われると、返事に困ってしまいます。

でも、言わせて下さい!

「テニスは痩せなーーいッ(≧Д≦)」

テニスをしている人なら、たいていの人がそう言います!

テニスは「パワー」が大切なスポーツなんです!

セリーナ・ウィリアムズ選手がいい例ですが、一流の選手も、テニス選手は痩せていないじゃないですか?

わたしたち素人のおばさんでも、むちっとした人は球の質が全然違うんですよ。

おばテニス界では、華奢な人が太めの人を羨ましいと思ったりするんです(^.^;

家族からは「自転車選手」みたいだと言われる、わたしの黄金の太ももも、テニスコートにいると、大して気にならないんです。

スポーツタイツをはけば、可愛いスコートも全然OKなんですよ(*^_^*)

でも、わたしはそんなおばテニ界のぬる湯に浸かりすぎました……

気がつけば、体重が自分史上「最高」(ノД`)

このまま冬を越したら、春には「あら、おめでた? その歳で!」なんて言われそう。

というわけで、春までに3キロ、ダイエットしようと決意したんです!

f:id:tennismama:20181223103122p:plain

なぜ週3日テニスをしても、痩せないのか?

それにしても、なぜテニスは痩せないのでしょう?

冬だって汗をかくような、激しいスポーツなのに、どうして?

テニスはジョギングと違って、無酸素運動だから体脂肪を燃焼しない? 

難しいことはよくわかりませんが、わたしの場合、テニスで痩せない原因は、そんなことではない気がします(-_-)

先日、テニスをする前と後で体重を比べてみました。

ラリー練習とゲーム形式の試合を合わせて3時間ほどしたところ、テニスをする前より、体重は800gほど減っていました。

冬なので夏ほど汗はかかず、ランチを食べ、スポーツドリンクも飲んだのに、1キロ弱体重が減っていたんです!

やはり、テニスという運動自体は痩せるんです! 

単純に計算すれば、わたしは週に3日はテニスをしているので、どんどん痩せていくはずです。

では、なぜ、痩せないーーーッ(≧Д≦)

実は、テニスをして帰ってきた後に、その秘密が隠されていました……

テニスをしてきて小腹が減ったので、帰りがけにパンを買い食い、

テニスをしてきて喉が渇いたので、帰宅後にビールを飲み、

テニスをしてきてお腹が空いたから、晩ご飯はがっつり食べました(*^_^*)

ちなみに、テニスに行く日は、育ち盛りの娘より、朝ご飯もしっかり食べてます……

さらに、わたしは日常生活では、テニス以外ではあまり身体を動かしていません。

歩いて8分のスーパーへの買い物も、テニスコートへ行くのにも、車を利用しています(;^ω^)

「テニス」をしているからこそ、テニスを言い訳に、わたしは「おデブ」への道を歩んでいたのです!!

大坂なおみ選手を目指して、痩せてパフォーマンスをアップしよう

大坂なおみ選手は、昨年の12月、シーズンオフにダイエットで7キロ痩せて、パフォーマンスも向上させたそうです(*'▽')

そのあと、「全米オープン初優勝」へもつながったのです!

スポーツ選手の場合は、ただ食べないで痩せればいいというわけではなく、筋力も体力も落とさずに、痩せなくてはなりません。

大坂選手は身体を絞ったことで、コートでの動きが格段によくなったそうです!

これはもう、ぜひぜひ参考にしたいです♡

大坂なおみ選手のダイエット方法は、シーズンオフには、茹でた鶏肉やブロッコリーといったものを食べ、炭水化物を取らないようにし、ボクササイズなど、様々なトレーニングをしたそうです。

詳しい記事はこちらに載ってます!

headlines.yahoo.co.jp

 

大坂選手のインスタグラムでは、可愛いトレーニング姿もみることができますよ(*^^*)

 

しかし……炭水化物を取らないダイエット、茹でたブロッコリーとチキンの食事。

おそらく、このチキンはもも肉ではなく、ささみなのでしょう。

まさに、ザ・アスリートのストイックな食事です。

お米やパンが大好きなおばさんには、かなりハードルが高い(ToT)

普通の主婦にはジムに通って、専用トレーナーをつけることなど出来ません~

大坂なおみちゃんのまねっこは、わたしには無理そうです(T^T)

テニスでできる、お手軽なダイエット方法は?

セレブではない、普通の主婦でも気軽にできる「テニスダイエット」はないのかしら?

と思っていたら、いい記事がありました!

josei-bigaku.jp

この記事を読むと、テニスはかなりダイエットになるスポーツらしいです(^_^;)

テニスを1時間やると、早歩き程度の速さのジョギングと同じくらいカロリーを消費できるそうです!

ただ一つ注意しなければならないと思った点は、「1時間動き続けているか?」ということです。

テニススクールのレッスンでも、打っていない時間というのもそれなりにありますし、ダブルスの試合の場合、あまり動かないうちに試合が終わってしまったということもあり得ます(^_^;)

ダイエットをしたいと思ったら、やはり動き続けることが大切です!

冬場は身体を温めるためにも、ストレッチをいつもより念入りにする。

スクールのレッスンでは、積極的にボール拾いをし、待っている間「かかとあげ」をしてみる、なんていうのはいかがでしょうか?

ダブルスの試合でも、積極的に動き続けるようにします!

前衛の時にも、ペアが打っているときは「任せればいいや~」なんて、ぼーっと立っていないで、ペアが打ったときにはポーチを警戒して少し下がり、相手の後衛にボールがいったら、少し前に行き、攻めの体勢に入る。

巧守の切り替えをしながら小刻みに動けば、例えボールに触らなくても、かなりの運動量になります(これって、前衛のあるべき姿ですね……)

後衛の時は、無理だと思ったボールでも全力で追いかけてみる、なんていうのも、かなりの運動になります(例えそのボールが拾えなくても、相手へのプレッシャーにもなります)

こうして書きだしてみると、全てテニスの動きの基本でしたね~(#^^#)

今まで、いかに自分がさぼっていたことか……

テニスをしている間、きちんと動き続けるようにすれば、ダイエットになるだけでなく、テニスの上達にもつながり、一石二鳥です\(^O^)/

あとは、テニスの後に、暴飲暴食をしないように、腹八分目を心がけます。

時に1日1食くらいは炭水化物を抜いてみるのもいいかもしれません。

春までに、シェイプアップして、もっと軽やかにテニスを楽しめるようになりたいと思いますp(^^)q

おばさんのテニス修行はまだまだ続きます! 


f:id:tennismama:20190501230116j:plain