tennismama’s blog ママのテニス日記

主婦がママさんテニスデビュー。シングルスにも挑戦するよ

女子シングルス再開 ラリーは続けても、決め方がわからない?

f:id:tennismama:20190114182109j:plain

テニスにハマってるアラフィフの主婦です。先日、久しぶりにシングルスの草大会に参加しました! 全豪オープンが終わったばかりで、気分は「大坂なおみ選手」だったんですが……(^_^;) 現実は厳しかった?!

女子シングルス ビギナー大会からオープン大会へ参戦

数ヶ月ぶりにシングルスの草大会に参加しました!

これまでは、練習会やビギナー大会にしか参加したことがなかったのですが、今年からはちょっとレベルアップして、シングルスのオープン大会に参加してみることにしました(*^_^*) 

といっても、中級レベルです。

テニススクールの他にサークルにも入会して、テニスをやる機会が増え、ストロークも安定してきたので、シングルスも、ビギナーから卒業しようかなと思い立ったのです!

ちょうど連日「全豪オープン」で大坂なおみ選手を応援していたこともあり、気分はすっかり「なおみ」状態(*^▽^*)

びしばしとウィナーを決めてやる!なーんて、意気込んでいたんです。

ところが、会場についてみると、急にしゅるーーっと弱気になっちゃいました。

やはり練習会より、なんだかみんな上手そう……(^◇^;)

シングルスをやっている人って、スコート姿でも、ダブルスの人達と違って「男前な雰囲気」があるんです!

1人でリュックとか背負って(当たり前ですが)、すーっと歩いてくる様子が、主婦っぽくなくて、かっこいいんですよ。

レベルは中級程度だからそんなに違いはないはず!と自分に言い聞かせて、気持ちでは負けないように努めました。

女子シングルス 現実は厳しい!

f:id:tennismama:20190208094107p:plain

1試合目の対戦相手は、ベテランのお姉様でした。

「シングルス」に慣れていらっしゃる感じで、わたしが支度にもたもたしてる間に、ポールをささっと立ててくださいました(^_^;)

その日のわたしのテーマは「きちんとしたストロークを打つ。相手より1本でも多くボールを打つ」です。

以前、シングルスの練習会で知り合ったお姉様が、毎回テーマを決めているといっていたのを見習ってみました(*^_^*)

サーブの練習の時は、サーブもリターンもそこそこ打つことが出来ました!

が、毎度毎度のことながら、いざゲームが始まると……

センター付近から打つサーブがロングになり、ダブルフォルトする。

フォアハンドストロークが浮いて、腰砕けのボールになる。

ちゃんとラケットに当たらず、異常に短いボールになる。

バックハンドストロークが、低い軌道のままネットする。

とりあえずボールを返そうと、スライスをしてもアウトして、振り切ってもアウト!

あーあ、半年経っても、全然上達してない(ToT)

対して、お姉様のボールは安定感抜群!

決して鋭いボールではないのですが、フォアもバックもちゃんと深めに返してきます。

結果は2-6

自分でも予測できない不安定なボールのおかげで、かろうじて2は取れました(^_^;)

でも、きちんとしたストロークを打つという、テーマには及ばず、シングルスらしからぬ、あっちこっち走り回るという、なんだかなーという試合になってしまいました。

って、文句を言いたいのは、無駄に走らされたお姉様の方でしょうね(^◇^;)

女子シングルス ラリーは続くよ、どこまでも~

他の方達の試合を見ていて、わかったことがありました!

それは、ミスをする時は、決めようとして、強打するときやコースを変えるときが多いということです。

決まるときももちろんありますが、でも、ここ一発決めようとしたボールはミスする方が多いようにみえました(^_^;)

上手な人達の試合を見ていても、互いに粘って粘ってラリーがながーく続き(そもそもわたしなんかでは続かないような、いいボールですけどね)、根負けして決めに行った方がミスしちゃう、みたいな感じでした。

大坂なおみ選手のような、ダウンザラインのウイナーが決まることはありません(^_^;)

学生さんや上級者のシングルスの試合では、「カモーン」というようなストロークで決まるのかもしれませんが、主婦達の中級レベルでは、シングルスも力押しでは勝てないのかもしれません。

「どれだけラリーに耐えられるか、我慢できるか」

ママさんたちの女子シングルスでは、「粘り強さ」が重要だと学びました!

テニスシングルス 足への負担が半端ないって

結局、予選リーグで最下位になったわたしは、ビリのリーグへ進みました(T_T)

今回のテーマ「きちんとしたストロークを打つ」はなかなかできませんが、せめて「相手より1本でも多く打つ」は頑張ろうと思いました。

1勝を目指して、「とにかく返す、粘る」を実行したんです!

予測力はないのですが、足には自信があります!(^^)!

ドロップを打たれても、サイドに振られても、とにかく拾う、とにかく繋げる!

走って、走って、走りまくりました!

そして、ラリーは続くよ、どこまでも~状態に!

後から思うと、わたしはようやく拾ったボールを、みんな相手の打ちやすいところへ返していました( ̄∇ ̄)

試合は3-3と互角に……でも、長くは続きませんでした(T_T)

はじめに右足のふくらはぎがつりそうになり、慌てて、つりどめの漢方薬芍薬甘草湯」を注入し、エアーサロンパスを両ふくらはぎに噴射しました!

 

 

 

しかし、サーブをすると、今度は左足のふくらはぎがピキッとなりました(ToT)

 それからは足に力を入れるたびに、ぴきっ、びきっと今にもつりそうな状態に~

でも、1勝くらいはしたいと思い、棄権はしませんでした。

それからは、そろりそろりと踏ん張らないようにラリーを続けましたが、ドロップや左右に振られた時は、もう取りに行くことはできませんでした(T_T)

そのまま3-6で負けてしまいました。

負けても楽しいシングルス! 課題を見つけて、目指せ「1勝」

結局、その後の試合は棄権しました(ToT)

両足がつり、4戦全敗とほろ苦いデビュー戦になりました。

だけど、とっても、楽しかったーー(≧Д≦)

シングルスって、負けても、ペアに対して申し訳ない気持ちにはならないし、どうして負けたかがはっきりとわかるから、なんだか清々しい気持ちになるんです(あくまでも個人の感想ですよ~)

自分のテニスに何が足りないのかも明らかになるので、課題も見つけやすいです!

わたしの場合は(たくさんあるのですが……)

フォアもバックも、速くなくていいので、深いストロークを打てるようにする!

シングルスの決め方(戦術)を学ぶ?!

サーブの精度をあげる!(センターから打てるようにする)

足をつらないようにする!

えーーっ、あなた、そんなこともできないのにシングルスに挑戦したの?

と言われそうですが、いいんです! 大丈夫です!

相手の方には「試合にならなくてごめんなさい」という感じですが、勝って怒り出す人はそういないはずです(^_^;)

来月リベンジします! とりあえず、目指せ1勝です!

おばさんは寒風の中、明日もテニス道に邁進しますp(^^)q

 


f:id:tennismama:20190501230116j:plain