tennismama’s blog ママのテニス日記

主婦がママさんテニスデビュー。シングルスにも挑戦するよ

テニスコーチが友達に スクールのキャンペーンにのせられて、即入会

f:id:tennismama:20180224212814j:plain

テニスをはじめて10年あまり……

2人の子育てをしながら、主婦のテニスというディープな世界にハマってしまったわたし。

テニススクール初体験。いよいよ、コーチの球出しデース!

テニスコーチ 

スクール初体験の続きでーす!

ショートラリー、ボレーボレー、ボレー&ストローク、ウォームアップが終わりました。いよいよ、コーチからの球を受けます。

コーチの年齢は二十代後半でしょうか? イケメンとまではいきませんが、笑顔で感じのいい爽やか系です。

いいとこを見せなくちゃ!!

俄然気合いが入ります。褒められたいとまでは言いませんが、なかなかできるじゃん。くらいには思われたいです。

思えば今日はお試しレッスン。

出来によっては、クラスの上下があるかもしれません(*^_^*)

テニスは決めようと思うとミスる

メニューは、コーチの球出ししたボールをフォアとバックでクロスに返すというものです。

センターに2列に並んで次々交代で打ちます。

ワンピースの先輩主婦の後ろに仲良し3人組が並んだので、わたしはおじさんと先輩主婦の列の後ろに並びました。

1球打ったら、反対側の後ろに並びます。それなりに速いペースで進みます。

みんな結構思いっきり打っています。ワンピースの先輩主婦はフォアをスライスで打ち、おじさんは片手バックを強打してアウトしました(*^^*)

3人組は1人が強打をネットし、ボレーの上手なおばさんはバックを片手スライスですらーと流しました。

両手でドカンと打ってやる!

渾身の力を込めたわたしはどかんとネットしました( ゚Д゚)

フォアこそ決めなくちゃ。

そうあせればあせるほど力めば力むほど、腕はがっちがちになり、上手く打つことができません( ;`Д´)

こんなはずじゃない、こんなはずじゃないと思いながら、結局、左右10球うけて、半分はネットという、悲惨な状態でした。

「Tさん(おじさん)とテニスママさん、力みすぎですよ~」

コーチから見たら、ふんっおじさんとわたしは同類ってこと?

きゃー、はずかしい(>_<)

 スマッシュは左手で指を指す

f:id:tennismama:20180312171651p:plain

次はスマッシュです!

今度は力まないように、球に集中して当てていこう。

サークル時代にスマッシュを打つときは「弓を引くようにラケットは頭の後ろにセットし、左手で球を指す」と先輩から習いました。

今度も先頭はワンピースの先輩主婦、そのあとにみんなが続いて、勝手のわからないわたしは最後尾につきました。

ワンピースの主婦はやはり年のせいか球に勢いはありませんが、その分、前のアレーコートにコントロールしました。

おじさんは今度はガツンと大きくはねるスマッシュを打ちつけました!

3人組、おばさんとそつなく決めて、いよいよわたしの番です。

弓のポーズをとったわたしはキレイにクリア!

「テニスママさん、ナイスですっ」

コーチのお褒めの言葉に思わず笑みがこぼれます(*^_^*)

そのあともスマッシュはどうにか決めることができました。

やはり基本に忠実にすることが一番なのでしょうか?

「ラスト一周デース」

最後もばっちり決めてやる!

しかし……

「はーい、じゃあ、ボール拾ってくださーい。最後はサーブやりまーす」

な、なんと、わたしが打つ前にコーチは終わりにしちゃったんです!Σ( ̄□ ̄;)

わたしのラストボールが~

わたしのエースが~

肩を落として球拾いをはじめたわたしに、ワンピースの先輩主婦が一言。

「まだですって、ちゃんと言わなくっちゃ。あたしなら言うわよ~」

って~、わかってるなら、コーチに言ってよ(ToT)

ここは幼稚園ではなく、大人の世界なんだから自分で言わなくちゃならない。

冷静に考えればそうわかるのですが、そのときはただただ悲しかったです。

テニスは弱肉強食

次のサーブの練習のときも、気分は暗いまんまでした……

コーチが「サーブ、なかなかいいじゃないですか」

と言ってくれても、気持ちは晴れません。

そんなこんなで、スクール体験も終わりになりました。

どーしよーかな。なんだか、みんなと上手くやっていける自信がないな( ´-`)

テニスはスポーツ。弱肉強食の世界。

子どもを中心とした、幼稚園ママたちとの生ぬるーい世界につかっているわたしにはついていけないかも……。

みんないじわるじゃないけど、優しくはないし……。

なんて、後ろ向きな気持ちになっていたわたしに、コーチが言いました。

「テニスママさん。中級でばっちりですよ!

ところで、テニスママさんはうちのスクールに誰かお知り合いとかいますか?」

「いません」

テニス仲間がいないから、ここに来たんだってば。と、ますます落ち込んでいくわたし。

「じゃあ、ぼくと友達になりましょう」

え! ええー!

なんとコーチはわたしに手を差し伸べてきたです( 〃▽〃)

突然のお誘いに戸惑うわたしにコーチは言いました。

「今ならキャンペーン中なので、お友だちの紹介なら入会金が無理なんですよ!だから、テニスママさんはぼくの友達ってことで、無料になります。あと初回も半額です」

無料に半額ーー!

「あ、ありがとうございます」

単純なわたしはうれしくなりました(≧▽≦)

よし、がんばるぞ〜