tennismama’s blog ママのテニス日記

主婦がママさんテニスデビュー。シングルスにも挑戦するよ

テニスでわかる、主婦のもう一つの顔 テニスをすると人間性が現れる

 

f:id:tennismama:20180224212814j:plain

テニスをはじめて10年あまり……

2人の子育てをしながら、主婦のテニスというディープな世界にハマってしまったわたし。

テニススクール初体験の続きデース!

ボレーボレーは人間性をうつす鏡

スクール初体験の続きです~

ショートラリーの次は、ボレーボレー!

ネットをはさんでお互いにボレーをすることですが、これが意外と個性が出るような気がします。

はじめの立ち位置も、サービスライン付近の後ろ目にいる人もいれば、ネット寄りに立つ人もいます。

球のスピードもぽーん、ぽーんとゆっくりの人から、バンバン打ってくる人までさまざまです。

ボレーにみる渋い技

ボレーボレーのお相手は先輩主婦でした。

年の頃は50歳半ばぐらいでしょうか?

ショートカットの髪型に黒いTシャツ、柄のショートパンツに高そうなスポーツタイツ。もう少し年上の派手なワンピース姿の方と比べると、真面目そうな主婦といった感じです。家事もきちんとしてそうな、出来る人。そんな感じの人でした。

「お願いします」

おばさんはややネット寄りに構えています。わたしはサービスライン付近に立ち、ゆるめの球をフォア側に送りました。

おじさんとの激しいショートラリーで、エンジンがかかったわたしでしたが、年上相手に強く打つつもりはありませんでした。

おばさん相手なんてこんなもんだろう、そんな気持ちもありました。

しゅるり。

相手の球は回転はかかっていましたがゆるめで、わたしの立っている位置よりもかなり前方に落ちました。

もうちょっと長めに届く球を打ってくれればいいのに、立っている位置も前寄りだし、パワーがないのかな。などと思いながら、わたしは球をバウンドさせて、ハーフボレーで返球しました。

しゅるり。

またもや足元に球が落ちてきます。今度は少し長めだったので、ローボレーで返せましたが、球が浮いてしまいました。

すると、次の瞬間、

バコッ

おばさんは一歩前進して、わたしのボディに向かって球を打ち付けてきました(゜д゜)

いきなりのスマッシュです!

たまたま、それとも狙って?

スマッシュしてくるなんてひどいじゃないか、と思いましたが、浮いた球は決めるのがテニスの鉄則です。相手はそれに従ったまでのこと。

おばさんを甘く見ていたわたしは球を返せませんでした。

今度は相手が球を出してきました。足元にくる短い球です。

もう( ・ั﹏・ั)

胸元当たりに強めの球をくれればボレーしやすいのに。

ハーフボレーで返した球は相手の正面にいきました。その球をおばさんは右に身体をすっとずらし、片手のバックハンドで返してきました。

またもや低い球です。

もっとちゃんと打ってくれよ-。これじゃあボレーができないよ。

今度はあえて強めの長い球を送ります。これがわたしの打ちたい球です。

が、おばさんはそれを巧みにかわします。

どんなに強く打っても、低いゆるめの球で返してくるんです。

ぬぐぐぐ、、、(-_-;)

わたしは強打することができず、またもや球を浮かせてしまい、スマッシュを決められました。

そこでわたしはようやく気がつきました。

この人はボレーが上手い(¯―¯٥)

おじさんみたいに力業で攻めてはきませんが、わたしが強打できないように低めにしずむ球を打ってきたり、バックをミスするとバックを狙ってきたりと、隙がないんです。

見た感じはフツーの主婦なのに侮れません。

きっと試合をしたら、わたしはラブゲームで負けてしまうでしょう(>_<)

ボレー&ストロークは 女の戦い?

f:id:tennismama:20180308124644p:plain

ボレー&ストロークの相手は、わたしより少し若いくらいの主婦でした。どちらかというと、可愛らしい感じです。テニスをガツガツやるようには見えませんでした。

彼女はママ友3人組できているようで、幼稚園の話もしています。

テニスが好きなママ友に誘われて、おつきあいでテニスをしているのかもしれません(^_^;)

彼女はストローク、わたしはボレーです。

「お願いシマース」

などと言ったと思ったら、彼女はびゅんっとすごい球を出してきました。

コントロール重視と言うより、スピード重視といった感じです。

ボレーしやすい球を出してあげようと、という気持ちはみじんも感じられない球でした(・・;)

でも、先ほどの先輩主婦のゆるい球より、こういった、バコッと強めに飛んできた球の方がボレーはしやすいです。球に球威もあるので、面だけ作れば強い球を返すことができます。

ズコン、バコン。ズコン、バコン。ズコン、バコン。

彼女は見た目に寄らず、激しい球を打ってきますが、わたしも負けてはいられません。

これはガチンコ勝負?

そうなのです。

わたしがミスをすると彼女はなんとなく満足そうだし、彼女の球がネットすると、わたしも決まったという気持ちになります。

プロ選手なら思わず「カモンッ」と叫ぶかもしれません(^_^;)

彼女の可愛らしい顔はすっかり好戦的な顔になっていますし、きっとわたしも鬼のような形相になっていると思います。

テニスをすると、人の隠れた一面がでてきます――

こわーい

たぶん、彼女と幼稚園でであっていたら、好戦的な一面を見ることもなかったし、わたしもフツーの主婦のままだったことでしょう(^_^;)

そう考えると、テニスに熱しやすいわたしのような人間は、友達とはやらない方が無難かもしれませんね~