tennismama’s blog ママのテニス日記

主婦がママさんテニスデビュー。シングルスにも挑戦するよ

打ち方を教えてくれないテニススクール テニスを楽しみたいのか、上達したいのか?

 

 

f:id:tennismama:20180224212814j:plain

テニスをはじめて10年あまり……

最新のワイパースイングを手に入れようと、見よう見まねで試してみたら手首を痛めてしまいました。

ストロークの基本を1から習いたい。そう思いましたが……

テニス断ち

 「あなたのストロークは昭和なのよ。今はワイパースイングが流行なのよ」

先輩おばさまAさんからのご指摘に、最新の打ち方を身につけてやると一念発起。

だけど、なんちゃってワイパースイングを試して、わたしは一発で手首が痛くなってしまったのです。

結局、安静にして冷やすのが一番ということで、泣く泣くテニススクールを休むことに。

二週間ほどテニス断ちをして、ようやくラケットを持って素振りをしても手首が痛くなくなりました(^_^;)

インターネットで調べてみると、テニスで手首を痛める人はとっても多いみたいです。

上級者はテニスのやり過ぎによる疲労、初心者の場合は、手打ちになっている、打点が遅れているなど、へたさが原因になってるみたいです(T_T)

わたしもまさしくこのタイプ。

手首をくいっとこねて、ラケットを振ったためです。

やはり正しい打ち方を身につけないと、身体に変な負担がかかり、怪我をするってわけです……

テニススクール ふたまた?

f:id:tennismama:20180414223419p:plain

二週間ぶりにテニススクールへ~♬

とりあえず、準備体操はいつもより丁寧に行いました。

なんちゃってワイパースイングはやめて、昭和のストロークを再開します。

ショートラリーは相変わらず、振り切れない、なんだかなストロークになっちゃうけど、怪我をしないのが一番!

季節がすすんで暖かくなってきたから、みなさんのウェアは一層華やかになっていました。Aさんはノースリーブのワンピースに素足です(゚◇゚)

ま、Aさんのことは気にせず、まずはテニスをできる喜びを味わおうと思いました。

ボレー&ストロークの時に、ボールがラケットの根元に当たってしまい、手首がじわんと痛くなり、慌てて、手首をぶんぶん振りました。

あー、あぶない、あぶない、気をつけないとまた痛めちゃう(^_^;)

今日は家に帰ったら、念のため、冷やすようにしなくっちゃ。

「ここんとこ、お休みだったわね」

地味に上手い先輩Bさんが話しかけてくれました♬

歳は50歳過ぎくらい。バゴーンと強打はしないけど、相手が取りづらいところにスイーっとスライスをしたり、足元に沈むストロークをしてきたりと、なかなかの腕の持ち主です。何より、この人はミスをしない!

「実は、ちょっと手首を痛めちゃって~」

「あなた、この前、変な打ち方してたもんね」

うわー、恥ずかしい(>_<)

なんちゃってワイパースイングを見られてたーー!

上手い人っていうのは、視野も広いみたいです。

「これはエルボー用バンドなんだけど、つけると痛みが和らぐし、テニス肘の予防にもなるし、いいわよ」

Bさんは右手の肘につけている、ベルトのようなサポーターを見せてくれました。

「手首用のサポーターもあるからつけてみたら」

「Bさんみたいに上手な人でも痛くなるんですか?」

「まあ、あたしの場合、テニスをしすぎなのよね」

「どこか他でもしてるんですか?」

「あたし、メインは青空スクールなのよ。ここはインドアで雨の時でもできるから入ってるの」

「すごい! 二カ所も通ってるんですね。だから、上手なんですねー」

テニススクールの本命とおさえ!

ここのスクールはBさんにとってはおさえだったんだ(^_^;)

「あら、やだ、そんなことないけど。ここのスクールはちょっとゆるいもんね。青空の方はアルバイトコーチはいなくて、ストロークも基礎からきちっと教えてくれるから」

「いいですね、わたしもストロークを基礎から教えてもらいたいと思ってたんです~」

「だったら、ここじゃだめ。ここは楽しいけど、コーチはあんまり教えてくれないでしょう?」

「ええっ?」

ストロークを教えてくれないテニススクール

「ここはポンポンテニスだからねー」

ガーーーン!

ここのスクールでは『ストロークを基礎からきちっと』教えてもらえない!?

ベテランのBさんの発言だけに、わたしはかなりショック!Σ(×_×;)!

うちから近いし、キレイだし、インドアだから日焼けもしないし、と即決で、ここに決めてしまったことを深く後悔しました(;Д;)

テニススクール初心者のわたしは、スクールによって教え方にそんなに差があるとは思ってもみませんでした。

ストロークを教えてくれないスクールがあるだなんて!

言われてみれば、ここではみんな楽しそうだけど、好き勝手に打ってる~(^_^;)

BさんとCさんは上手だけど……

Aさんは全部スライスだし、若いママ友三人組も一人は強打、一人は軟式風、一人はロブばっかりと統一感がまるでない。

コーチはすべてを「ナイスでーす」の一言でまとめちゃってる感じ。

わたしのなんちゃってワイパースイングに対しても、コーチは何も注意してくれなかったし……

くそー。コーチの爽やかな笑顔にだまされた(T_T)

キャンペーン割引で入ったから半年間はやめられないし(割引分を払わされる)、かといって、ダブルでスクールに通う余裕は我が家にはありません……

これから子どもの教育費がかかるのに、無駄遣いは許されない(-_-)

ああん、青空こそが、まさに今、わたしが行きたいスクールなのにーーっ

「青空はスポットレッスンもやってるから、一度きてみたら?」

「スポットレッスン?」

「スクール生ではないビジターの人でも一回三千円で、ストロークとかボレーとかテーマ別に習うことができるのよ」

な、なんですと!

「そんなレッスンがあるんですか?」

行きます、行きます、行きますとも。

わたしはBさんに抱きつかんばかりに興奮しましたd=(^o^)=b

今度こそ、ストロークの基礎を1からきちっと習うぞー!