tennismama’s blog ママのテニス日記

主婦がママさんテニスデビュー。シングルスにも挑戦するよ

普通の主婦がテニス女子シングルスに挑戦? ペアがいなくてもシングルスなら大丈夫

f:id:tennismama:20180224212814j:plain

テニスをはじめて10年あまり……。はじめてラケットを握ったのは30歳過ぎ。テニスにハマッたのはママになってから。

そんなふつうの主婦がテニス女子シングルスに挑戦しちゃいます!

テニス シングルス編スタート

子どもが幼稚園に入ったのをきっかけに、ママさんテニスというディープな世界にどっぷりとハマッたわたし。

ママさんテニスデビューからの日々を振り返りつつ綴った話が「テニス スクール編」、現在進行形でシングルスへ挑戦している話が「テニス シングルス編」です。

テニス スクール編では、テニススクールのレッスン内容や人間関係(?)などを書いていく予定です。

フォアハンドストロークなど、技術的な面もすこーし書いてますが、あくまでも主婦のしろーと目線とご了承下さいませ(*´∀`*)

テニススクールってどんな感じなんだろう?と思っている方は、ぜひテニススクール編を読んでみてください(*^_^*)

では、「テニス シングルス編」スタートです!

シングルスなら1人でもできる

f:id:tennismama:20180416112500p:plain

おばさんなんだから、女ダブ(女子ダブルス)でもやってればいいじゃん。

女子シングルスは、学生時代からテニスをやっていた、テニス上級者がやるもの。

普通のおばさんが手を出していいものじゃない。

なんて、ついこの間まで、わたしもそう思っていました(*^_^*)

では、なぜシングルスに挑戦を?

それは――1人でも「試合がしたかった」から

 

女子ダブルスのペアだったママ友と別れて、一年間……(-_-)

所属していたサークルも、彼女と顔を合わせづらくなり、退会。

主婦のテニス界で居場所をなくしたわたしは、ひとりぼっち。

それからはテニススクールのはしごをしたり、壁打ちに行ったりと、わたしは自分磨きに精を出しました。

練習は練習で楽しいのですが、わたしの中には「試合をしたい」という気持ちがむくむくと湧いてきました。

勝っても負けてもいいんです(そりゃ、本音では勝ちたいですよ)

試合の、あの緊張感とドキドキ感が味わいたいー。

でも、わたしは「ぼっち」……

ダブルスを組んでもらえるペアがいないんです。゚(゚´Д`゚)゚。

勇気を出して、テニススクールで一緒の人に声をかけてみたら?

でも、もし断られたら、そのあと気まずくならない?

ペアとの別れがトラウマになり、自信が持てません。

小心者のわたしはあーだこーだと悩みました。

試合に出たい~。でも、ペアがいない~。

そんなとき、天の一声が(ホントは夫)聞こえてきました。

「なら、シングルスをやればいいじゃん」

「えー、シングルス? 無理無理」

「じゃ、やめとけば」

「……やってみようかな?」

そうだ、シングルスなら、ひとりだってできるもん!

そんなわけで、わたしはやや後ろ向きな気持ちから、女子シングルスに挑戦しようと思い立ったのです(*^^)v

テニス ダブルスとシングルスの違い

女子シングルスに挑戦する!

とは決めたものの、どうすればいいのかわかりません。

通っているスクールにはシングルスコースはありません(プライベートレッスンという手はありますが、かなり高額です)

市営のテニスコートを借りたところで、ぼっちのわたしに、シングルスの練習相手などいるわけがありません( ´△`)

だからといって、いきなりシングルスの草試合に申し込むのは、無謀過ぎます(^_^;)

まずは、シングルス対応の練習をして、それから初心者向けの試合に申し込んでみることにします!

まずは「シングルスとダブルスの違い」を確認してみます(*^_^*)

シングルス……同性の一対一で行われる。

ダブルス……同性の二対二で行われる。

ミックスダブルス……男女のペア二対二で行われる。

シングルスの場合は一人で戦うため、コートがダブルスよりも狭くなります。

たて幅は変わりませんが、横幅がシングルスサイドラインまでとなり、アレーコートの部分は使われません。

ダブルスとシングルスではネットの高さも異なり、アレー部分にシングルスポールを立てて行うので、ダブルスよりも若干高くなります。

と、マニュアルに書いてあります(^_^;)

以上を踏まえた上で、わたしでもできる「シングルス」対応は、

①サーブをセンターマーク付近から打つようにする。

(わたしはダブルスの時、シングルスサイドライン寄りからサーブを打っているため、そのままだと逆サイドが大きく空いてしまうため)

ストロークやボレーなど、すべてのボールをアレーコートよりも内側のシングルスの範囲内に打つようにする。

③いつもよりネット高めを越えていくようにボールを打つようにする。

これなら、スクールのレッスン内で行うことができそうです。

さあ、シングルスへの一歩を踏み出すぞーp(^-^)q