tennismama’s blog ママのテニス日記

主婦がママさんテニスデビュー。シングルスにも挑戦するよ

テニス 試合に負けて考える「自分のテニス」ができなかったのはなぜか?

f:id:tennismama:20190114182109j:plain

テニスにハマってるアラフィフの主婦です。春の市民ダブルス大会に出場しました! 結果は惨敗(T_T)

「あーー、今日は自分のテニスができなかったー!」ペアと愚痴りましたが、ちょっと待って! これっていつも言ってない? 自分のテニスができる日はくるの?

自分のテニスができなかった症候群

「今日は自分のテニスができなかった~。リターンを全部ロブにされちゃって、ポーチにでられなかった。ストロークもサーブも全然たいしたことない相手だったのに」

市民大会で惨敗して、ペアと愚痴り合いました(>_<)

「なんか、わたしも緊張しちゃって。サーブもファーストが全然入らなくて、ごめんね。あーあ、いつものコートでもう1回やってもらえたらなあ。いつものテニスができたら、ここまで負ける相手じゃなかった」

「あたしもロブのミスが多かった。はー、二人ともメンタル弱すぎだよね。自分たちのテニスができたら、勝ってる相手だよ」

「だねー。次は緊張しないように頑張る!」

「わたしもサーブの練習しておく」

わたしたちはお互いに再起を誓い合い、帰路につきました。

今日試合に負けたのは、「自分のテニス」ができなかったからであり、「自分のテニス」ができていたら勝っていた!

「ママはいつもそう言ってるよねー」

「ええ!?」

だんなに指摘されるまで気づきませんでした……

この台詞、テニスの試合に出始めた頃から、10年間以上言い続けてました~

そして、同時におそろしいことにも気づきました……

今のままでは「自分のテニス」ができる日はこないのではないか(ー_ー)!!

f:id:tennismama:20190422181718p:plain

自分のテニスって何だろう?

そもそも「自分のテニス」って何でしょう?

今回のペアとの場合、「自分たちのテニス」は平行陣でバシバシ決めていくテニスでした(#^^#)

具体的には、強烈なファーストサーブをセンターに入れて、甘いコースで返ってきたリターンをポーチにでてガツンと決める!

深くしっかりとしたリターンを打って、相手の浮いてきたボールを前衛が決める!

なるべく平行陣をとって、二人で攻撃していく!

この自分たちのテニスで試合に勝てることもありますが、上手くいかない場合(格上相手にはほぼ100%……)も多いです(^_^;)

実際に文字にしてみると、わたしの「自分のテニス」は、ほとんど妄想のレベルです。

「自分のテニス」というよりも、「理想のテニス」!

で……今回の市民大会での現実はどうだったかというと、

ファーストサーブが入らず、甘めのセカンドサーブをストレートロブで抜かれ、サイドチェンジした甘い球を相手の前衛に叩かれる。

相手のサーブに対してのリターンが甘くなって、逆にポーチを決められる。

相手に先に平行陣をとられ、深いボレーで攻められて、ようやく返したロブを前衛にスマッシュで決められる。

お気づきでしょうか?

わたしの「自分のテニス」である「理想のテニス」をしていたのは、まさに相手のペアだったんですよ~(≧Д≦)

自分のテニスの理想と現実

サーブやリターンをバシンと打ち込んで、相手を追い込み甘い浮き球を打たせて、スマッシュすることができたら、理想だし、かっこいいです(*^_^*)

自分のテニスをするために強化すべきは、ファーストサーブ? 深いリターン?

本番の試合でも動じない「メンタル」でしょうか?

もちろんこれらの強化は必要だと思います。

でも、それが実現可能なことなら、今頃わたしは自分(理想)のテニスができるようになっているはずです(^_^;)

現実の試合では、ファーストサーブはろくに入らず、ポーチやストロークの打ち合いをする機会すらなく、なんとなく負けてしまうのです……

自分のテニスの「理想」と「現実」には大きなギャップがあるのです(>_<)

どうすれば、理想のテニスに近づけるのでしょうか?

今回の相手ペアから、わたしは大きなヒントを得ました!

「相手を追い込み、甘い浮き球を打たせる」ための方法は、何もバシンと強い球を打つだけではない、ということです(^_-)

相手のペアは、わたしたちよりベテランでした。

速いサーブも、強いストロークも打ってくるわけではありませんでした。

でも、ファーストサーブを低い軌道でセンターに入れてきたり、威力はなくても、前衛にかからない深いリターンを打ってきたりと、わたしたちが攻め込めないボールを打っていました。

ドカン、バシンというよりかは、じわり、じわりと確実な方法で、わたしたちを攻め続け、浮き球を打たせて、前衛がバシンと決めていました(>_<)

いうなれば、ふわりと打って、ガツンと決める!

これは、まさにわたしの理想!

「おばテニ」と「女ダブ」のハイブリット(^_^)v

詳しくは下の記事を読んでみてくださいね!

tennismama.hatenadiary.jp

 

実現可能な自分のテニスを増やし、「新しい自分のテニス」を見つけたい!

「自分のテニスができなかったから勝てなかった」

だったら、「できる自分のテニスを増やしていく」というのはいかがでしょうか?

緊張していつものファーストサーブが入らないなら、威力を落としても、再現性の高い、コントロールできる別のファーストサーブを身につける。

相手のサーブがよくてちゃんとリターンできなかったら、スライスも使って、深さと高さを出して、前衛に捕まらないようにする。

もしくは、ロブで相手の陣形を崩す。

もちろん、その中で、バシンと打てるようなら打っていく。

実現可能な自分のテニスを増やしていき、自分のテニスの幅を広げていけば、「新しい自分のテニス」が見つかるかもしれません!

「自分のテニス」の幻想に囚われ、負け惜しみを言い続ける人生とはさよならです!

おばさんは、明日から「新しい自分のテニス」を模索しますp(^^)q

 

 


f:id:tennismama:20190501230116j:plain