tennismama’s blog ママのテニス日記

主婦がママさんテニスデビュー。シングルスにも挑戦するよ

テニス LT(レディーストーナメント)レッスンを大解剖!?

f:id:tennismama:20190114182109j:plain

テニスにハマってるアラフィフの主婦です。もっとダブルスの試合に勝てるようになりたい! 普通のレッスンだけでは物足りない! そんな女性たちの間で話題の、LTレッスンをご紹介します(*^_^*)

LT(レディーストーナメント)レッスンとは! 

テニススクールでも、ちょっと上手な人達は、LTクラスを受けていたりします(*^_^*)

普通のクラスとLTクラスをダブルで受講している人も多いです!

LTとはレディーストーナメントの略で、女子ダブルスに特化した、ゲームの戦術やテクニックを教えてくるクラスのことを指します。

※スクールによって、クラス名は異なります^_^

こういった女ダブの試合に特化したレッスンは、スクールの他にも、コーチが市営コートを利用して、プライベートで教えていることも多いです!

女ダブの強者たちは、たいていどこかでLTのレッスンを受けています!

女の人のボールより、男性の強いボールの方が好きだし、普通のレッスンや、男性も一緒のゲームクラス(試合中心のレッスン)で充分なんじゃないの?

な~んて人は、おばテニの世界では生き残れませんよ(≧Д≦)

※学生並みのものすごいストロークを打つ人は大丈夫かもしれません……

わたしも、女ダブの試合にいろいろとでるようになって、痛感してます。

正々堂々とした、きれいなテニスをしているようでは(?)、おばテニの世界では、勝てるようにはならないのです(ToT)

断言できます!

おばテニに特化した、いやらし~い、ずるがしこ~い、相手のやる気まで削ぐようなボールや配球ができるようにならなければ、一生お姉様たちの餌食になるだけなのです!

f:id:tennismama:20190619100109p:plain

LTクラスのレッスンの内容

一口にLTクラスといっても、そのレッスン内容は、普通クラス以上に様々です!

同じスクール内でも、担当コーチの考え方によって、内容が180°異なる場合もあります!

鬼のような激しいボレーボレーを良しとするコーチもいれば、足元にゆるく、ワンバウンドでとるかとらないか悩むくらいのボレーを良しとするコーチもいます(^_^;)

わたしは今まで、体験も含めて、8人くらいのコーチのLTクラスを習いました!

わたしは中級から中上級クラスなので、上級クラスのことはわかりませんが、3パターンに分けて、LTレッスンを紹介したいと思います!

体育会系? 男性のダブルスにやや近い、正統派!

コーチ……スクール系の男性

レッスン内容……たくさん走って、たくさん打つ

左右前後にボールを振られ、ストレート、クロスを打ち分ける

ボレーは前と後ろにコーンを置いて、アレー、ロング、と打ち分ける

リターンダッシュからの平行陣練習 浮いたボールは叩く

チャンスボールを叩く スマッシュをぶっ叩く

細かい打ち方はさておき、たくさんボールを打たせてくれるのが特徴!

レッスン内容がハードなため、レッスン生も若めが多い!

生足、半袖の人も多く、ウェアも派手な人が多い……あくまでも私見です(^_^;)

プレースタイルも派手めで、ストレートやスマッシュなど、エース一発狙いをしようとする人が多く、ミスをする確率も高い。

おばテニとは一線を画しているという自負があり、ゆるめのボールやロブはあまり打たないし、好まない。

女ダブの見本? 女ダブの実践派!

コーチ……スクール系、現役選手の女性

レッスン内容……コースの打ち分けなどの基本的な練習から、パターン練習

縦ロブが続いた後の展開など、女ダブの試合に即したパターン練習をする

実際に現役で女ダブの試合にでているコーチが教えてくれるので、実戦的なテクニックを身につけることができる

チャンスボールをストレートに叩き込む、スピンサーブなど、かっこいいけど、おばさんがあまりやらないことはやらない(^_^;)

スマッシュなども一発で決めるよりは、アレーなどコースを重視して二発、三発で決めるなど、コントロールを重視する

女ダブのやり方、基本を覚えるには最適!

体育会系より、レッスン内容はハードではなく、レッスン生も40代~60代といった、普通の人が多い……これも私見です(^^ゞ

いい意味での、おばテニの見本!

ディープ系? コーチオリジナル派!

コーチ……かつて市や女子連などで優勝した、実績のある女性コーチ

レッスン内容……さまざま!

絶対にとれないようなドロップショット

どんなサーブも中ロブで深く返すリターン練習

リターンから全部スライスetc.

外部の人からすると、?と思えるような練習もたまにある(*_*;

コーチを教祖と崇め、コーチのマル秘テクニックを伝授してもらう感じ

※ホントにすみません、あくまでも私見です~(^O^;)

レッスン生はコーチとテイストが似ている?

プレースタイルは省エネ。いやらしさと、ずるがしこさはピカイチ!

基本的な女ダブを身につけた人が、さらに上を目指したいときにいいかもしれません。

しかし、コーチが20年前に優勝していた⁉なんて場合には、その戦術が現代では通用しなくなっている場合もありますので注意が必要です(=o=;)

ある意味、究極のおばテニ!

LTクラスを受けてみませんか?

上の3パターンは極端な例ですが、女子ダブルスの試合で勝ちたいと思ったら、レディーストーナメントクラスをお勧めします!

わたしのオススメは、おばテニの基本が身につく実践派ですが、実際に体験してみて、自分に合う、自分がやりたいテニスを教えてくれるコーチに習うのが一番です\(^^)/

レディーストーナメントの場合は、試合形式で練習を行うので、そのレッスンを受けているメンバーも重要になります(*^_^*)

ダブルスのペアがいる場合は、習った戦術を共有するためにも一緒に通うのがベストですが、1人で参加している人が大半なので、LTクラスで新しいペアを見つける人も多いですよ(^_^)v

コーチやスクールによっては、レッスン生達を組ませて、女子ダブルスの練習会を開催しているところもあります!

女ダブの試合で勝つためには、レディーストーナメントクラスは最適だと思います!

かくゆうわたしも、スクールのレッスンを、普通クラスからLTクラスに変更したところです(^_-)

いつもワンパターンの試合をしてしまうので、新しいパターンを身につけたいと思ってます!

おばさんのテニス修行は、まだまだ続きますp(^^)q

 


f:id:tennismama:20190501230116j:plain