tennismama’s blog ママのテニス日記

主婦がママさんテニスデビュー。シングルスにも挑戦するよ

女子ダブルス おばテニ仕様のボレー&ストローク!

f:id:tennismama:20190114182109j:plain

テニスにハマってるアラフィフの主婦です。市民大会で惨敗し、ペアと猛練習していると、先輩ママから「女ダブで勝ちたいなら、そんなんじゃダメ! 更生しなさい」と言われました! 更生? 練習方法から見直さなくちゃならないんですって(>_<)

そのボレスト、試合で使える? 

春の市民大会で、ベテランさん相手に手も足も出せずに惨敗しました(T_T)

「自分たちのテニスができなかったから……」

その反省も含めて、ペアと激しくボレー&ストロークを練習していました!

バシンとストロークをして、ガツンとボレーで返す(^_^)v

バシン、ガツン、バシン、ガツン、バシン、ガツン!!

練習だと、わたしたちは気持ちいいくらい、いいボレストが続けられます(*^_^*)

しかし、横で見ていた先輩ママさんに指摘されました!

「ねえ、そのボレストって、試合の時に使える?」

「いや~、試合だと緊張しちゃって、途端に打てなくなっちゃうんです~」

「そうなんです。相手のボールもゆるいのが多いから、タイミングが合わなくなるし」

わたしたちの返事を聞いて、先輩ママは大きくうなづきました。

「でしょ~? 打てないのよ。試合の時にそんなボール」

「まあ…なので、試合でも強く打てるように、もう少しメンタルを鍛えて……」

メンタルね~、先輩は首を振ります。

「女ダブで本当に勝ちたいと思うんなら、そんな練習してたんじゃダメ。勝てるようにはならないよ! 更生しなくちゃ」

 「更生……ですか?」

不良少女じゃあるまいに、わたしとペアは思わず顔を見合わせました(゚д゚)

「そう、更生! テニスに対する考え方を180度、変えなくちゃ!」

f:id:tennismama:20190512115209p:plain 

テニスはオープンスキル。相手がいるスポーツ!

先輩ママは女子連にも入っている、上級者!

試合をしたことはありませんが、たまに球出しをしてもらっています。

強いボールを打つというよりかは、深い中ロブの球をとにかくつなげて、相手のミスを誘うタイプのテニスをします。

いわゆる「おばテニ」です(^^;)

「テニスは、オープンスキルなの。いくら自分で技を磨いても、相手のいるスポーツなんだからね。相手の打ってくるボールをどう処理していくかが、大切なの。わかる?」

わたしはオープンスキルの意味がよくわからなかったので、調べてみました(#^^#)

わかりやすいサイトがありましたので、こちらを参考にしてみてください!

tennis-shidosha.com

「二人が今やってるようなボレストは、やってて楽しいってわかるけど、女子の試合ではあんなストロークはこないし、あんなボレーもこないからね。試合で勝ちたいなら、もっと実戦的な練習をしないと」

あとになって知りましたが、この先輩ママも、かつてはバンバン打つタイプだったそうです(^-^;

女子連に入ったものの、なかなか勝つことが出来ずにいたところ、新しいコーチに出会い、更生?して、今の技(おばテニ)を身につけ、勝てるようになったんですって(≧Д≦)

おばテニ仕様の「ボレー&ストローク」とは?

おばテニに関しては何度か記事にしていて、頭では理解しているのですが、実際の練習となると、相変わらず自分が楽しいバンバンテニスばかりしていました(^_^;)

tennismama.hatenadiary.jp

おばテニの神髄は「相手に気持ちよく打たせないこと」です!

自分が気持ちいいボールは、相手にとっても打ちごろの気持ちいいボールになるからです。

先輩ママが教えてくれた「おばテニ仕様のボレスト」はこちらです\(^O^)/

【ボレーヤー】

・サービスライン付近のやや後ろ目の立つ。

おばテニは省エネテニス。サイドチェンジなんて疲れることはしません。

縦守りの平行陣のため、ロブも自分で取れるように立ち位置は後ろ目になる。

・できるだけ深いボレーを打つ。

少なくとも、サービスラインより1メートルは後方。できればベースラインぎりぎり。

・ボールは山なりに、遅めの球がベスト!

ボールが速かったり、低かったりすると、ストローカーは面だけ作って、返しやすくなってしまう。

・ できるだけ、ストローカーが取りにくいように配球。

バックを攻めたり、左右に振ったりする。 

【ストローカー】

・ボレーヤーの足元に沈むボールを打つ。

速いボールは意外と返しやすいので、遅めのボールがベスト!

スピンをかけて落とす場合は、後ろ体重にすると沈みやすい。

スライスのほうが打ちやすかったら、スライスを使うのもOK!

・ショートアングルを狙う場合は、スピンの方が打ちやすい。 

・ボレーヤーが前にでてきた場合や、深いボレーで差し込まれた時は高いロブをあげる。

 

実際に、このおばテニ仕様で、ボレー&ストロークをやってみました!

これがびっくりするくらい難しくて、全然続きませんでした~(ToT)

でも、これができるようにならないと、女子ダブルス(おばテニ)では勝てるようになれません!

自分がする、しないはともかくとして、相手が使ってくる以上は、打ちにくい、いや~なボールに対応できるようになっておかないといけません(>_<)

テニスはオープンスキルです! 相手のボールを打ち返すスポーツです。

こんな当たり前のことに、今更ながら気がつきました(T_T)

今の自分の実力では、気持ちいいテニスだけでは勝てないので、更正して(笑)、気持ち悪いテニスもできるようになりたいです(^_^;)

一筋縄ではいかないのが、テニスの奥深さ!

というわけで、おばさんは今日もテニス道に励みますp(^^)q

 


f:id:tennismama:20190501230116j:plain