tennismama’s blog ママのテニス日記

主婦がママさんテニスデビュー。シングルスにも挑戦するよ

女子ダブルスを組むことに臆病になっている? 女ダブ恐怖症を克服しよう!  

f:id:tennismama:20180224212814j:plain

テニスにハマっているアラフィフの主婦です。これまで、ペアとの出会いと別れも何度か経験しました。この人となら、ずっとダブルスができるかも!と思ったペアと別れてから、わたしは女子ダブルスを組むのがこわくなりました……

女子ダブルスは、ただの仲良しペアではうまくいかない?

おばテニの世界に身を置いて、十数年……

これまで何人かとダブルスを組んできましたが、女子ダブルスにおいて、固定のペアを見つけることは、難しいと痛感しています(>_<)

女子ダブルスを組むことに臆病になっている人は、わたしのまわりにも何人かいます。

ペアといろいろあった人、上手い人から意地悪された人etc.……

好きではじめたテニスが、ストレスになってしまうのは悲しいことです(ノД`)

 

女子ダブルスを組み込むとなると、ただの仲良しでは長続きしません。

テニスは勝敗があるので、一緒にいて楽しければ満足できる、というものではないからです(-_-;)

かといって、ただ試合に勝てばいいペアなのかというと、そうでもないのが難しいところです。

いくら上手な人とペアを組んでも、ずっと叱責されていたら、勝てたところで楽しくはないでしょう(×_×)

ダブルスのペアは、テニスの技術だけでなく、試合スタイルやテニスをやる環境も合う方がいいし、何よりテニスに対する考え方が違うとうまくいきません。

上を目指して頑張りたいのか、あくまでも趣味として楽しむためにしているのか?

二人でお揃いのウエアに身を包み、コートで楽しそうに笑っていても、裏ではきっといろ~んな気持ちがうごめいているはずです!

ホントに、女ダブは大変です(≧Д≦)

f:id:tennismama:20181207101931p:plain

女子ダブルスを組むのがこわくなったきっかけは?

わたしの場合、女子ダブルスを組むことに臆病になったきっかけは、仲よくしていた固定ペアとの別れです……(T_T)

ケンカしたとか、はっきりとした理由はありません。

ダブルスを組みはじめて、勝っているうちはよかったのですが、対戦相手が強くなるにつれ、段々と勝てなくなり、わたしは自分のテニスに自信をなくし、ペアはそんなわたしにストレスを感じたようでした……

小心者でチキンのわたしは、メンタルがめちゃくちゃ弱いんです(T_T)

勝っていいとこ見せなくちゃ、とか、自分が失点したらどうしようとか、あれこれ悩みながらテニスをするうちに、プレーの質は低下し、ダブルフォルトが続発……

ペアのため息を背中で感じるようになり、コートの上に「敵が3人」いるように思えてきました。

全く試合を楽しめなくなり、最後は、ペアと一緒にコートに立つことが苦痛になってしまいました(>_<)

ペアとは同じテニスクラブに所属していたので、顔を合わせづらくなり、結局はクラブそのものも退会してしまいました……

逃げるなんて自分勝手だとは思いましたが、当時の私にはそうすることしかできませんでした(T_T)

わたしは、もう女子ダブルスはやりたくないと思いました。

誰かとダブルスを組むのが、こわくなったんです(×_×)

女子シングルスなら、ひとりぼっちでもできる!

自分のテニスに自信をなくしたわたしは、もっと上達したいと思い、テニススクールを渡り歩きました(^_^;)

しかし、元来試合好きのわたしは、スクールのレッスンだけでは物足りなくなりました。やはり、試合には、試合にしかない面白さがあるんです。

わたしは1人でも気軽に参加できる「女子シングルス」に挑戦することにしました!

「女子シングルス」は楽しいです!

人間関係の煩わしさもなく、プレーもある意味、やりたい放題!

ロブでも、スライスでも、ストレートでも、好きなだけ打てます(*^_^*)

ただし、失敗もすべて自己責任です。シングルスは「自由」なんです!

シングルス愛好家は気さくで、さっぱりとした人が多く、練習試合にいくと、みんな一人できているから、仲良くもなれるんです(*^_^*)

試合にいってみるとわかりますが、年齢層も幅広いので、ぜひ皆さんも一度シングルスも試してみてください!

とはいったものの、

やはり、おばさんのテニスは「ダブルス」が中心です(T_T)

テニススクールやサークルでは、試合はダブルスしかやりませんし、オープン大会もダブルスが大半です。

シングルスに限定してしまうと、テニスをやる機会が極端に少なくなってしまいます(>_<)

こわくても、ペアが見つけられなくても、おばさんがテニスライフを満喫するためには、女子ダブルスもするしかないのです!

女ダブ恐怖症は克服できるのか?

今、わたしは女子ダブルスを楽しめるようになってきました(*^_^*)

新しくサークルに入り、いろんな人と練習試合をするうちに、いろんな状況を受け入れられるようになったんです。

Aさんと楽しいこともあれば、Bさんと嫌なこともあり、いいプレーができる日もミスが続く日もある……。

女子ダブルスは大変なことも多いですが、楽しいことも多いのです。

自分から特定の人をダブルスの試合を誘うことはできませんが、誘われれば試合にも参加できるようになりました! 緊張して、相変わらずダブルフォルトもしちゃってますが……

ただ、お揃いのウエアを着るような、固定のペアはいません。このまま一生できないかもしれません(^_^;)

固定のペアができない、作れない自分をダメな人間だと思い、悩んだ時期もありましたが、今はそれでもいいじゃん!と開き直ってます。

この人とならずっとテニスが続けられるのではないかと思っていても、テニスが突然できなくなることだってあります。

自分やペアの病気や怪我、親の介護も他人事ではありません(>_<)

そう考えると、永遠にテニスを一緒に続けられる「理想のペア」など、どこにもいないのかもしれないと思えるようになりました。

まわりを見渡しても、みんな結構自由にペアを組み替えていますしね(^-^*)

わたしと同じように、女子ダブルスを組むことに臆病になっている人がいたら、まずはサークルなどに入って、不特定多数の人とダブルスをすることをオススメします!

ダブルスの試合に誘って断られたって、ミスして文句を言われたって、ポジション取りがわるいと怒られたって、そんなこと、誰にでもあることなんだと思えるようになれますよ(^_-)

女子ダブルスには、女子ダブルスでしか味わえない「楽しみ」があります。

おばさんは今日もテニスができることに感謝して、修行に励みたいと思いますp(^^)q