tennismama’s blog ママのテニス日記

主婦がママさんテニスデビュー。シングルスにも挑戦するよ

テニス 女子ダブルス 上級者と試合をしてみてわかったこと! 上手い人は一発で決めない?!

f:id:tennismama:20180224212814j:plain

アラフィフの主婦です。女子連のA級の方と練習試合をしてもらい、上級者と中級者の違いに気づきました! 今回は上級者のテニスの秘密に迫ってみたいと思います!

テニス 上級者はどんなボールでも拾ってくる!?

「テニスは自分より上手い人とした方が上達する」と言われます(*^_^*)

上手い人達の球を返球しなくちゃならないので、緊張感をもって練習できるし、速いサーブや重たいストロークに慣れることができる!

確かにその通りだと思います(^_^;)

でも、上手い人達と試合をしてみて、それ以上に感じたことがあります。それは……

「球が全部返ってくる--(≧Д≦)」です。

先日、女子連のA級の方と練習試合をしてもらえる機会があり、こんなアドバイスをいただきました(^.^)

「いつも一緒にやってる人達だとそれで決まるかもしれないけど、スマッシュもポーチも全部返ってくると思って、次に備えないとダメねー」

実際、わたしたちのどんなボールも決まらなかったんです!

自分では決まった!と思ったスマッシュもポーチもとられ、ロブで返されたり、逆をついたストロークをされたりと、手も足も出ませんでした(@_@;)

これ、自分より上手い人達とやらなければわかりませんでした!

どんな球も返ってくる、しかも自分の想定外のところに?!

上手い人とテニスをしなければ、こういったボールは体験することができませんでした( ´△`)

そういった意味でも、テニスは上手い人とやると上達するのかもしれません~

f:id:tennismama:20181003102334p:plain

女ダブ 上級者は決めないテニスをする? 

おばテニスの最高峰は「女子連」です!

正式名称は「日本女子テニス連盟」

テニススクールでもサークルでも、上手い人達はたいてい女子連に入っています(*^_^*)

全国レディース大会も毎年行われていて、都道府県の代表者が競い合います!

そんな女子連のA級(D級からはじまりA級まで)者どおしのダブルスの試合をみてわかったことですが、上手い人達は鬼のようなボールは打たないんです。

※ プロ選手や、男性ダブルスや学生あがりのガンガン打つ女性は別ですよ(^o^;)

え、ここでも、まだ決めないで、つなぐの?

というくらいに、丁寧なテニスをしていました。

もちろん、上級者のボールは、ただのつなぐようなボールではありません。

わたしのような中級レベルでは返せないような絶妙な速さとコースです(^_^;)

なんでもっと突撃しないの?

と思いましたが、はたと気づきました!

「上手い人はどんなボールでも返してくる」

つまり、上手い人達は「自分達の体勢が崩れるような、一発決めはしない」のです。

ボールが返ってきたときに、きちんと対応できる範囲で攻めているのです(*≧∇≦)ノ

テニス 試合では相手より一つでも多くボールを返せる人が勝つ

テニスはチェスのような知的なスポーツと言われますが、上級者のテニスはまさにそれ!

集中力と冷静さを保ちつつ、ちょっとずつ攻めていくんです。

かっこいい~♡

すべてをなげうって、イチかバチかの勝負にでる、わたしたちとは全く違います(^_^;)

 その昔、テレビケームをしていたときに「会心の一撃」をすると、攻撃をした側のプレーヤーがそのあと一時、戦闘不能状態になるということがありました。

攻撃者自身もダメージを受けるのです。

わたしたちがスマッシュやポーチで狙うのは、この「会心の一撃

ま、決まればいいんですけどね~

決めたいコースだけ見てまっしぐら、ネット際まで全力疾走!

倒れんばかりの突進です!

もう頭の中は真っ白で、ボールが返ってくるなんて、夢にも思ってないんです(〃▽〃)

 

テニスの試合は、1球でも多くボールを返した人が勝ちです。

わたしのようなアラフィフのおばさんは、力押しでは上級者にはなれません~

基礎的な技術の習得もさることながら、身につけたいのは、また次にボールが打てるような「集中力と冷静さ」

さらに「戦略」が加われば、鬼に金棒です\(^O^)/

年長者でも強い秘訣は、こういうことだったんですね!

おばさんのテニス修行は、まだまだ終わりがありませんp(^^)q