tennismama’s blog ママのテニス日記

主婦がママさんテニスデビュー。シングルスにも挑戦するよ

テニス女子ダブルス 試合になると超ビビリ! 試合で緊張しない方法は?

f:id:tennismama:20180224212814j:plain

ママさんテニスにハマってるアラフィフの主婦です! 前回「4ゲーム先取したのに勝ちきれない」の記事を書いたのですが、市民大会の前哨戦として参加した「チーム戦」で、もっとおそろしいことが起きました! 自分でも悲しくなるくらいの「超ビビリ」(T-T) どうにかして本番までに「チキン」を治したい!

練習の4本はナイサーなのに、試合開始になるとダブルフォルト!?

前回は試合で勝ちきれない「4の壁」について記事を書き、自分の敗因ときちんと向き合うことが大切だ、などと偉そうにまとめました。

だけど、実際に本番に近い形のチーム戦をしてみてわかりました。

わたしは超がつくほどの「ビビリ」

チーム戦、味方3ペア、6人の中でも「ダントツ1位!」

サーブの練習まではいいサーブが打てていたのに、試合開始になると、急にトスを上げる手がプルプルプルと震えてきたのです(゚◇゚)

スマッシュは羽子板打ちの入れていくボールになり、手だけで打ったボレーはぽよーんと浮きました(>_<)

足も全然動いてなかった……

相手ペアのミスが多かったので、試合にはなんとか勝てました。

だけど、デュース1本という場面でダブルフォルトをし、相手に1ゲームをプレゼント(あやうく2回……)

ダブルフォルトを撲滅させようと、サーブ練習をがんばってきたのに、なんてこと!

もう自分自身が情けなさすぎて、ペアにもチームにも申し訳ない気持ちで一杯になりました(゜´Д`゜)

わたしの心臓は、チキンハートの上をいく、ひよこハート♡

敗因云々より前に、このビビリ(腰抜け・へたれ)を

「どげんかせんといかんばい!」……古い(^_^;)

f:id:tennismama:20180829133401p:plain

テニス 練習と試合で別人のようになってしまう

実はわたしは「練習美人」なんです(^_^;)

もちろん顔がキレイなのではなく(笑)、練習ではあまりミスしないんです。

新しく入ったサークルでは、そんなわたしの練習ぶりをみて、なかなか上手な人だと勘違いしてもらいました。

チーム戦でも2番手に選ばれたのですが、フタを開けたら、あら、びっくり!?

「本番では、全然使いものにならないじゃーーん!」

あまりの別人ぶりに、笑われてしまいました(T_T)

練習では、平行陣を相手にストロークをするとき、2人のセンターに沈んだストロークを打ち込んだり、アレーを抜いたりもできる……ときもあるのです(^_^;)

でも、試合になると、「わー、2人が前にいる、どこに打てばいいのーーっ」とパニックになり、とりあえず逃げようとロブを送り、短くなってばっこーんとスマッシュされます(>_<)

練習ではできることが、試合になると全くできなくなる、というか、できるということすら考えられなくなります(T_T)

練習中はスピンのかかったストロークを打てるのに、試合になるといつものストロークが打てなくなり、すべてスライスに変更するという人も知り合いにいます(^_^;)

どうして練習でできていることが、試合になるとできなくなるのでしょう?

テニス 試合でビビらない(緊張しない)方法

インターネットで調べてみたら、いろいろな方法がのっていました!

たくさん練習して自信をつける。

無意識的に打てるように、反復練習をして身体に覚え込ませる。

自分は勝つのだと言い聞かせ、相手に気持ちで負けない。

緊張とうまくつきあう方法を身につける。

メンタルを強化する……などなど。

でも、一番はやはり「ボールだけに集中する!」だと、気づかせてもらいました(*^_^*)

シンプルな答えにたどり着いたのは、以下の記事を読んだからです!

www.tennis-one.jp

あれこれ余計なことを考えると「ボールに集中する」という一番大切なことがおろそかになる。テニスで必要なのは、高度な集中力と実力。

とても参考になりましたので、皆さんもぜひ\(^O^)/

思えば、チーム戦の時には、みんなにいいところを見せたい、だとか、余計なことをあれこれ考えていました。

ダブルフォルトをする前には、ダブったらどうしよー、ダブりそうーと、自分で自分に暗示をかけていました(>_<)

以前女子シングルスの試合で、自分より明らかに格上を相手にしたとき、1球でも多く返さなくてはならないと、ただただボールに集中したら、思いの外、よい試合ができたことがありました(^_^)

「ボールに集中する!」

ビビらない方法はわかったので、あとは本番の市民大会で実戦あるのみ?!

はーー、無事に「ビビリ」から脱却できるかは、またご報告します!

おばさんのテニス道は、まだまだ続きます(^o^)