tennismama’s blog ママのテニス日記

主婦がママさんテニスデビュー。シングルスにも挑戦するよ

テニス バックボレーは片手それとも両手? 実戦向きなのはどっち?

f:id:tennismama:20180224212814j:plain 

テニス焼けで真っ黒になり、娘から呆れられているアラフィフの主婦です。女子ダブルスを再開し、フォア(デュース)サイドに入るようになってから、センターのボールはすべてバック! 特に問題はバックボレー……。

ボレーのフォームの改善はむずかしい!

サークルに入り女子ダブルスを本格的にはじめてから、技術力不足を痛感するのはボレーです(>_<)

 前回の記事でも書きましたが、「おばテニの女子ダブルスの基本は平行陣!」

一番大切な技術はもちろん「ボレー」

上級者のおばさまたちは、サービスライン付近から、多彩なボレーを繰り出して、ほとんど動かず(あくまでも私見です)に試合を制します!

スライスやドロップ、ロブまでも、ぜーんぶボレー(≧Д≦)

その引き出しの多さは、ドラえもんのポケット並み!

かたや、わたしのボレーは勢いだけの、羽子板ボレー( ̄∇ ̄)

そもそもスクールではなく、地元のサークルで、先輩のおじさまやおばさまからテニスのいろはを教えてもらったわたし。

フォアハンドストロークはウッド時代のフラットで、バックハンドストロークは両手のややスライス気味。

ボレーはとりあえず返球できればいい、という感じで、飛んできたボールに対して、ラケット面で壁を作り、ぶつけるだけのものでした。

ポーチなど、ネット近くの時はなんとかなるのですが、スライス回転がかかっていないため、飛距離は出ないし、細かい技もできません(T_T)

テニススクールに通い始め、フォアハンドストロークはスピン系に変えるなど、少しずつ現代テニスに進化しているのですが、ボレーはなかなか改善しません。

練習の時には意識してできるようになっても、試合など、とっさの時には、羽子板打ちに戻ってしまいます(((^_^;)

目の前に飛んできたボールに対して、フォアかバックかの判断だけでも大変なのに、スライス回転をかけるためにはグリップから小指をぎゅっと……な-んて意識する余裕は全然ありません(T-T)

f:id:tennismama:20180819171641p:plain

ボレーの時はグリップから、小指をぎゅっと握りしめる

テニススクールでボレーを習い、スライスのかけ方を教えてもらいました!

わたしのボレーのよくない点は、ボールにラケット面をぶつけにいこうとして、面から先にでてしまうところだそうです。

ボールに回転がかからないのでミスも多く、アウトするときは、ラケット面をそのまま後ろから前に押し出した時で、ネットするときは、面をかぶせてボールを叩こうとするときだと指摘されました(*_*)

ラケット面ではなく、グリップからボールに向かうようにすれば、ラケット面は自然と傾き、スライス回転がかかるそうです。

テイクバックではボールの打点よりも少し上にラケットを開いてセットし、グリップを軽く握り、小指側からぎゅっと力を入れてヒットすると、ボールにくるくるっと回転がかかります\(^O^)/

フォアハンドボレーはなんとなーくできるようになったのですが、問題はバックボレー……(-_-)

バックボレー 片手と両手はどちらがいいの?

テニススクールなどでみる限り、男性は片手でバックボレーを打ちますが、女性は両手の人の方が多い気がします(*^_^*)

わたしの個人的感覚ですが、なんとなくバックは手の甲側なので、片手だと力負けする気がしちゃうんです。

でも、上級者のおばさまたち(技術も年齢も上)は、大半が片手バックボレーです!

もちろんその方達は、バックハンドストロークも片手です(*^^*)l

バックボレーは両手がいいのか、片手がいいのかは、テニス雑誌やネットでもいろいろと書かれています。

両手バックハンドのメリットは、両手でもつことによる安定感。

片手バックハンドのメリットは、リーチ(届く範囲)が広い。

両手は確かに安心感がありますが、それ以上に使い勝手が悪いです(>_<)

バックのハイボレー、ローボレー、身体の正面にきたボールの処理も、両手は本当に難しいです。何よりスライス回転もかけづらい( ´△`)

両手で器用にこなしている人ももちろんいますが、リーチの広さも含めると、片手の方が断然お得で便利です!

繊細なタッチのドロップから、あっと驚くような高さのハイボレー、なんでもカバーできちゃうんです(≧Д≦)

ということで、早速、両手バックから片手バックに変更しまーす!

テニススクールでも、片手のバックボレーを教えてもらうことにしました。

片手のバックボレーができるようになれば、片手のバックハンドストロークもできるようになるかもしれません!

憧れのお蝶夫人のような、華麗な片手バック♡

まさに、無限の可能性が広がる……かも\(^O^)/

おばさんの無謀な挑戦は、まだまだ続きます!