tennismama’s blog ママのテニス日記

主婦がママさんテニスデビュー。シングルスにも挑戦するよ

ママさんテニスサークルの見つけ方! サークルに入れば試合ができる

 f:id:tennismama:20180224212814j:plain

テニススクールに週二回通いながら、月1回、女子シングルスの試合に参加する。そんなテニスライフを続けていたのですが、物足りなさを感じていました(-_-) やっぱり女子ダブルスもやりたい! 練習試合で構わないので、できれば定期的に試合がしたい! これはもうサークルを見つけるしかない!?

テニス 女子ダブルスの試合もしたい!

ダブルスのペアと別れてから、女子シングルスをはじめました。

試合はシングルスでやれれば充分と思っていたのですが、やはりダブルスもやりたくなってきました(^_^;)

ママさんテニスの世界はダブルスが中心です。

テニススクールのレッスンもダブルス向けのものがほとんどですし、練習会や草トーナメントも女子ダブルスの方が多いです。

シングルスは一人でも楽しめるし、すごく自由だし、それはそれでいいのですが、やはり主流のダブルスもやりたい!

ダブルスの試合から遠ざかっているので、いくらスクールでレッスンを続けていても、ダブルスの試合の感覚が鈍くなりました(T_T)

やはりテニスは生き物。

実戦ではレッスンのようにはいきません。

どんなボールか、どこにくるのか、どう攻めるのか? 4人が動いて判断しながら、ゲームはすすんでいくのです。

なんて書くと偉そうですが……、シングルスの試合の時に、隣で楽しそうにダブルスの試合をしていた人たちを羨ましいと思ってしまったのも、事実です( 〃▽〃)

テニススクールのレッスンでもダブルスの試合をすることはできます。最後の10分間くらいはたいていゲーム練習です。

でも、できたとして2、3ゲームだし、おじさまたちとのミックスの場合も多い。

わたしがやりたいのは「女子ダブルス」なんです!!

女ダブとミックスでは、同じテニスのダブルスといっても全然別物(>д<*)

打つ球も球筋も、ゲームの進め方も全然違います。女3人の中に男が1人混じっただけで、それはもう「女子ダブルス」とは全然違うものになってしまいます!

もちろん、逆もまた同じ。

男ダブの中に、いくら男みたいな球を打つ女性が混じっても、違うものになってしまうのでしょう……(^_^;)

テニスサークルに入会すれば、ぼっちでも試合ができる

f:id:tennismama:20180620114240p:plain

「女ダブ」がしたいと叫んでも、わたしはぼっち(T_T)

女子シングルスの練習会で、「誰かいい人(ペア)が見つかるかも♡」と淡い期待も抱いているのですが……皆無です(T0T)

人から誘ってもらえるほどテニスが上手いわけでもなく、自分から積極的に声をかける勇気もありません……。

仲良く組んでいたペアと別れたことで、誰か一人の人と組むことにためらいを感じているのも事実です。また、うまくいかなくなったら、どうしよう……(-_-)

決まったペアでなくていいから、とりあえず女子ダブルスの試合を楽しみたい。

これは、もう「ママさんテニスサークル」を探すしかありません。

サークルなら、自分でペアを見つけられなくても、サークル内の人と練習試合をすることができるし、団体戦などで公式戦に参加する道も開けます(^_^)v

テニスサークルの探し方!

ママさんテニスデビューをした10年前には、近所にサークルを見つけることができず、テニススクールに入会したのですが、今はいろいろな方法で探すことができました(^-^)/

まずはネット!

住んでいる地名を入れて「テニスサークル」で調べる。ある程度の規模の団体なら「ホームページ」を作成しているところも多いです。

市区町村の「テニス協会」のホームページから、加入団体のサークルや同好会を見つけることもできます! 市民テニス大会のドローや結果からも、どんな団体があるのかわかります。

テニスオフ、テニス365でも、サークルを検索することができます!


次は紙ベース!

市の広報誌、地域のフリーペーパーの「サークル募集」の欄、近所のスーパーやドラッグストアの掲示板などにも「サークル募集のチラシ」が貼られています!

最後は口コミ!

通っているテニススクールで、上手い人たちはなにがしかのサークルに所属している場合が多いです。

あと、子どもの同級生のママや、パート先の人で、テニスの話をしていたり、やたら日に焼けていたり、テニスウェアを着てたりする人たちに、テニスの話題を振ってみるという手もあります(^o^;)

自分が入っていない場合でも、彼女たちはテニスサークルの情報を持っている場合があります。

テニスをしている人が見つけられない場合は、テニスウェアを着たまま近所を出歩くというのも一つの手です(*^^*)

わたしはスクール帰りの買い物で、テニスをしている人に声をかけられることが多々あります!

なんやかんや言っても、この口コミが一番頼りになります(^_^)v

サークルの実情がよくわかるからです。

※ 社会人サークルの中には、若い男女の出会いを求めている場合や、レベルや年齢制限をしている場合もあるので、注意が必要です(^_^;)

平日に活動している場合は、ママさんが対象の可能性大です!

ママさんテニスサークルを発見

今回わたしが見つけた方法は、スーパーの掲示板に貼られた「チラシ」

通える範囲に「テニスサークル」がありました。

ホームページなどは作られていない、小さな団体のようですが、週1回、女子の練習会をしているというのが魅力的です(*^_^*)

サークルの体験ができるとチラシには書かれていましたが、小心者のわたしは、練習会開催日に下見に出かけました。

10人くらいのママさんたちが一生懸命練習しています!

なんか、いいかも! 入りたーい( 〃▽〃)

役員の方に直接電話するというのが少々緊張しますが、体験を申し込みました\(^O^)/ー

さあ、新しいテニスライフのはじまりです!