tennismama’s blog ママのテニス日記

主婦がママさんテニスデビュー。シングルスにも挑戦するよ

テニス女子シングルス  何歳からでも挑戦できる! 若ければ勝てる訳じゃない

f:id:tennismama:20180224212814j:plain

アラフィフ主婦が女子シングルスに挑戦してます。トップスピン対スライスの試合をみて、フォアハンドスライスのすごさを発見しました。ただ強く打てば勝てるわけではない、テニスの奥深さを知りました(^.^;

本日のテーマを決めて、練習試合にのぞむ

次の相手は、70歳だというおばさまでした(≧◇≦)

といっても、スクールの仲間にもいらっしゃいますが、テニスをしている人は見た目も含めて、皆さんとてもお若いです(*^^*)

この方もスタイルはいいし、花柄のスコートがとてもおしゃれです。

とはいえ、わたしとの年齢差はざっと二十歳!

あまり攻めるのもなんだし、どういう風に戦えばいいのだろう? なんて思っていたら、大間違い(・・;)

球の勢いはないのですが、スライスで繋いできます。そして、こちらが甘く返球した球は、すかさず前に出てきてドロップショット!

「あら、決まっちゃったわー」

知らないうちにすっかり相手のペースに……(¯―¯٥)

4ゲーム先取の練習試合とはいえ、打つ手のないまま、3-4で負けてしまいました。

「ドロップにやられました」

「それはよかったわ。あたしはね、シングルスを始めたのは最近なんだけど、毎回テーマを決めてやってるの。今日のテーマは、コートを広く使うことだったのよ」

おばさまは笑顔で教えてくれました。

最近がどのくらい最近かはわかりませんが~(^_^;)

ぜひ見習いたいと思いました!

自分でテーマ(課題)を決めて試合にのぞむ。70歳過ぎているというのに、すごい向上心です!

シングルスはすべて自己責任なので、何をしても自由です。フォアハンドはすべてスライス、サービス&ボレーに挑戦、なんていうのも、好きにできます(^^)v

f:id:tennismama:20180610090523p:plain

女子シングルス 上級者は勝ちパターンを持っている

「スライスだったら、同じ構えから、攻撃的なショットもロブもドロップもできるのよ。相手の力を利用できるから楽だしね~」

と、わたしに教えてくれた、ベテランおばさまが最後の相手でした!

練習の時からうまいと思っていたのですが、60歳以上のベテランテニス大会に出ている方なのだそうです。

学生時代からテニスをしていたわけではない素人のわたしにはJOPなどよくわからないのですが、とにかくすごい!

こりゃもう全力で向かっていかないと、相手にも申し訳ないです。

それにいくら格が違うとはいえ、年齢的には若いので、あまりみっともない負け方はしたくありません(^_^;)

というわけで、気合いが入ります。すると、不思議なことにサーブが入るようになりました(゚◇゚)

ストロークも、なるべくミスの少ないバックハンドで打つようにして、相手のバックを狙うようにしました!

シングルスはとりあえず「バックを狙え」と何かで読んだからです~

と、ビュンっと、ストレートでダウンザラインを決められましたΣ(゚Д゚)

なおも、隙があればバックを狙いましたが、すべてダウンザライン!

4回決められて、ようやくわたしにもわかりました……

バックにきた球をストレートで決めるのが、彼女の勝ちパターンだったのです!

結局試合は2-4で負けましたが、他の試合よりはいい試合ができました。気合いが入ったことで、自然と球に集中できたみたいです。

「なんとなくバックを狙えばいいと思ったのが間違いでした」

「そうね、不用意に球を散らさない方がいいわね。相手からの返球が厳しくなるから」

やはりベテラン大会に出ている方は違います。

こうきたら、こう決めるという「勝ちパターン」をいくつも持っているのでしょう!

女子シングルスのレッスン付き、練習会はいろんな意味で勉強になりました。

レッスンで練習したような、アプローチで深めに打ってボレーで決める、ようなことはできませんでしたが……(^_^;)

女子シングルスを上達するための、課題も見えてきました!

これからはフォアハンドストロークはスピンだけでなく、ロブとスライスも練習したいと思います(^_^)v

それにしても、女子シングルスはいくつになっても挑戦できるんですね\(^O^)/

ベテランの先輩方に負けないように、女子シングルスの達人目指して頑張ります!