tennismama’s blog ママのテニス日記

主婦がママさんテニスデビュー。シングルスにも挑戦するよ

テニス 女子シングルスをやるメリット! ストロークの練習だけでなく、何でも自由に試せる場

f:id:tennismama:20180224212814j:plain

テニスをはじめて10年あまり……。アラフィフ主婦がテニス女子シングルスに挑戦! ビギナー向けのシングルスの練習会に初参加してわかりました! シングルスをやればダブルスも上手くなる~(^_^)v

 

生まれてはじめてシングルスをやってみました。本物の初心者はわたしだけという厳しい状況で嫌な思いもしましたが、それ以上にたくさんの収穫がありました! 

シングルスをやるとダブルスも上手くなる

今回は五人総当たりの練習会。初戦はまさかの上級者に完敗、次にかろうじて1勝し、先輩おばさまに負けて説教もされました。そして四戦目……。

相手は五十代。わたしよりも小柄で感じのいい人です(^_^)

この方とは朝、試合前にラリー練習をしました。そのときは、自分と同じくらいの実力だと思ってました。頑張ればそこそこいけるかも~なんて思ってたんです。 

だけど、本番は1-6。力の差を痛感しました(>_<)

相手は練習のラリーよりも、しっかりとした、いいストロークを打ってきたんです!

サーブはファーストからきちんと決めてきて、ライン際へのストロークもおみごと! 

わたしは打ち込まれてるのに、なんか、この人、かっこいいーって思っちゃいました(≧∇≦)

対して、わたしはボールが見えない、ラケットが振り切れない、サーブが入らない、ないないづくし状態(*_*;

コーチから「テニスの試合で練習の6割が出せれば勝てる」と言われましたが、そう考えると、彼女の実力は相当なものなんでしょう。

はじめてだから緊張しちゃった~という言葉だけでは埋められない、実力と経験の差だと思い知りました。

その人はシングルスをはじめて2年で、ダブルスをやりながら、定期的にシングルスもやっているのだと教えてくれました。

「シングルスをやるとストロークの練習になるし、ダブルスも上手くなるのよ。シングルスは自分一人だから、弱点がよくわかるでしょう? シングルスは負けるも勝つもすべて自分のやったことだからね」

すべて自分の責任!

なるほど……深い言葉です。

f:id:tennismama:20180502114600p:plain

シングルスで自分の弱点が見えてきた!

試合を終えたところで、コーチがアドバイスをしてくれました!

わたしの問題点は4つ。

①フォアストロークが振り切れていない。

ストロークがフラットで、ラケット面を上に向けているから、ボールが吹っ飛ぶ。

③どんな球も同じように打とうとする。攻める球とつなぐ球を意識する。

④バックハンドもフラットなのでネットが多い。

なので、改善するためには

①ラケットを前ではなく、上に振り切るようにしてスピンをかける。

②ラケット面を少し伏せるようにする。

③相手の球に応じて、攻めるストロークとつなぐストロークを打ち分ける。

④打点よりも上にグリップがくるように当てていき、スピンをかけるようにする。

正直すぐに改善できるようなことではありませんが、練習に活かしたいと思いました。バックハンドなど、言われてみればネットが多かった……。

今までなんとなーくミスしていた原因が、シングルスをしたことではっきりとわかりました!

自分では気づかないことも多く、大変参考になりました(*^_^*)

 

コーチからの技術面でのアドバイスとは別に、わたしも自分なりに自分の弱点を考えてみました。

「メンタル」と「ストローク

この2点につきます(^_^;)

とにかくメンタルが弱すぎます。

トスアップの手は震えるし、ボールが全く見えなくなってました。このようなチキン状態では、なんてことのないストロークさえ打つことができなーい(;´Д`)

メンタルに関しては、練習や経験を積んで自信をつけていくしかありません。

あとはストローク

ロブは落ち着いて打つことができたのでわりとよかったのですが、普通のストロークは自分でもびっくりするくらい浮いてました! それがテイクバックの時に面を上に向けていたからだとはわかりませんでした。

思えば、ダブルスでは平行陣をとっているし、ストロークでは決めきれないということもあり、わたしはストロークがおろそかになっていました。

リターンさえできれば、あとはボレーでいいかな~みたいな(^_^;)

主婦の女子ダブルス「おばテニ」はこの平行陣が主流です。

プロの男子選手の平行陣よりもやや後ろ目のサービスライン前後に立ち、すべての球をさばく感じです。

上級者のおばさまたちの中には、サーブのリターンからサービスラインのすぐ後ろに立ち、ボレー風にすばやいリターンをする方もいます。フェデラーの「セイバー」風といえばいいでしょうか(^O^;)

そういった女ダブをしていると、ストロークなんてほとんどしなくていいような気がしてきます。

だけど……わたしはストロークもばっちり打てるようになりたい。最後に対戦した方を目指したい! 

おばテニも強いとは思うけど、ストロークで崩していけるような女子ダブルスをしてみたいと強く思いました。

女子シングルスはすべてが自由?

はじめての女子シングルス練習会は緊張しましたが、とてもいい経験になりました。

ビギナー向けのはずなのに、いきなり上級者と対戦したり、おばさまから「シングルスのセオリー」がなってないと説教されたりと、正直厳しいものもありました。

だけど、

わたしは声を大にして、皆様に「女子シングルスを一度やってみること」をお薦めします!

ストロークの強化につながる。

メンタルが鍛えられる。

自分の弱点がわかる。

弱点を改善することで、ダブルスが上達する。

自分で戦術を考えるようになる。などなど。

女子シングルスをやるメリットはたくさんあります!

だけど、

わたしがみなさんにお薦めする理由の一番は「楽しかったから♡」です!

試合は負けばかりだし、嫌な思いもしましたが、でも、練習会が終わってみると、楽しかったんです!

シングルスはすべて自己責任。

「負けるも勝つもすべて自分のやったこと!」

それはひっくり返すと、「すべてが自由」ってことなんです。

強打してネットしても、サーブを狙いすぎてアウトしても、ネットにつっこんでいってスマッシュしても、ロブばっかりあげようとしても、いいんです!

なんでもしちゃっていいんです!

それで負けても、自分のせいなんです。

シングルスは自由で、すっきりしています(^o^)/

 ダブルスは二人でやる分楽しかったのですが、人間関係によるストレスもありました。

シングルスは自分のテニスを磨くこともできるし、いろいろなボールや戦術を自由に試すこともできます。

一度練習会に参加したくらいの、ビギナーのわたしが口幅ったいですが、

シングルスは学生時代からテニスをしていた人がやるもの。

なんて決めつけずに、ふだん女子ダブルスをやっている主婦の皆様にもぜひお薦めします!

「女子シングルスをやってみて。楽しいですよー」