tennismama’s blog ママのテニス日記

主婦がママさんテニスデビュー。シングルスにも挑戦するよ

テニス 女子ダブルスからシングルスへ! シングルスなら1人でもできる

f:id:tennismama:20180224212814j:plain

テニスをはじめて10年あまり……。はじめてラケットを握ったのは30歳過ぎ。アラフィフ主婦がシングルスに挑戦。目標は「市民大会 女子シングルス」に出場! だけど、道は厳しくて……

テニス ダブルスからシングルスへの3つの意識改革

「シングルスなら、ひとりだってできるもん」

 女子ダブルスのペアと別れたわたしは、気分一新して「シングルス」に挑戦することに決めました!

とは言うものの、学生時代からテニスをしていたわけではないわたしは、シングルスなんてやったことがありません。

ママさんテニスデビューをしてから10年近くテニスをやっていますが、試合はダブルス専門でした。

シングルスとダブルスの大きな違いはコートの横幅です(*^_^*)

一対一で対戦するため、ダブルスで使うアレー部分をシングルスでは使いません。

シングルスではネットの角度が若干高くなります。

(真ん中と両端のネットの高さは同じですが、ポールを立てる位置が内側になるため)

シングルスをはじめるに当たって、まずは3つのことを意識するようにしました。

ぼっちで、テニススクールに通っているわたしでもできることです。

①サーブの立ち位置をサイドからセンターマーク付近に変える。

(わたしはダブルスではシングルスサイドライン寄りからサーブを打つため、そのままだと逆サイドが大きく空いてしまうから)

ストロークやボレーなど、すべてのボールをアレーコートよりも内側のシングルスの範囲内に打つようにする。

③いつもよりネット高めを越えていくようにボールを打つようにする。

シングルスの戦術、なんてレベルとはほど遠いので、最低限のことから調整していかなくてはなりません(^_^;)

サーブもストロークもできるんなら、それをちょっと短くするだけなんじゃないの?

そう思うかもしれませんが、この3つは簡単なようで、意外と難しいです。

(簡単な人には簡単かもしれませんよ~)

年のせいなのか、不器用なせいなのか、わたしにはなかなかできません。

意識しないで何の気なしにストロークをすると、アレーに打ち込んでしまいます。

もちろん、シングルスではアウトです。

スクールでも試合でもダブルスばかりやっていたので、わたしの身体はすっかりダブルス対応になっていたんです。

反復練習をしていたことで脳が記憶して、身体が覚えちゃってる状態です。

シングルスをはじめるに当たって、身体に新しくシングルスの感覚も覚えさせなくてはなりません。

サーブの立ち位置を変えてみる

f:id:tennismama:20180418213633p:plain

まずはサーブから意識改革です!

シングルスサイドライン寄りから打つサーブと、センターマーク寄りから打つサーブは距離と角度が変わります。

シングルスでもダブルスでも、センターマーク寄りからサーブをする人も多いですが、わたしは昔ながらの「ダブルス セオリー」?が身についてます。

わたしにはじめてテニスを教えてくれたのはプロのコーチではなく、地元のテニスサークルの先輩おばさんです。

ウッドの時代からテニスをしていたという彼女は「ダブルス セオリー」なるものをたたき込んでくれたのです。

「サーブをセンター付近から打つと相手にセンターに打つとばれるし、サイドが空いて狙われる。だから、ダブルスのサーブはシングルスサイドライン寄りから打つものよ」

と習ったので、素人のわたしはそういうものだと思い込み、それを10年近く実践してきました(*^_^*)

すっかり身体に染み付いちゃってます。

立ち位置をセンター寄りに変えるだけなら、もちろんわたしにもできます。

だけど、身体が覚えてしまってる「サーブの距離感と角度」はなかなか変えられません(*_*)

ダブルスと同じように思いっきりサーブするとロングの「フォルト」になります。

仕方なく、軽く打つことで長さを短くしようとすると、振り切れない、回転のかからない「へなちょこサーブ」になってしまいます。

ストロークにも言えることですが、ボールの回転量をかえれば、長さの調節はできるんでしょうが……。

おば体に鞭打って、反復練習を繰り返し、センターからのサーブの距離感と角度を身に着けるしかありません(@_@)

ちなみに、コートを借りて、カゴ一杯サーブを練習できればベストですが、そんなにボールも持っていないし、一人で5個くらいのボールを使ってサービス練習をするっていうのも悲しすぎるので、スクールのサーブ練習時間を利用します。

スクールのサーブ練習は大抵4人が並んで打ち、随時場所を移動していくのですが、このときにさりげなくセンターをキープしてます(^_-)

あくまでも、さりげなーくです。

「シングルスに挑戦するからセンターから打たせて」とは口が裂けても言えません。

アラフィフのおばさんがシングルスやるんだって!?

見ぬほど知らずと罵られることはないでしょうが、今のレベルでは恥ずかしすぎる(;^ω^)

とりあえず、まわりのスクール生には悟られないに、こっそりとシングルスに挑戦していく予定です。

――目標は、1年後の「市民大会、女子シングルスの部 出場」です!

しかし、サーブですら、全然ダメです。

シングルスへの道は険しいです(>_<)